アンチエイジング効果もあるとされるゴーヤやケール、青汁の主な原料である大麦若葉などを含む青汁三昧は程よいバランスで配合された青汁です。

青汁を飲むことで体の中から健康になると言われており非常に人気があります。

そんな青汁三昧の特徴・メリット・デメリットまでお伝えします。

青汁三昧の特徴について

青汁三昧にはゴーヤ、大麦若葉、ケールなどの野菜が入っており、栄養バランスがしっかり摂れた青汁です。

不足してしまいがちな野菜の栄養素をしっかり摂れる青汁なんです。中でもビタミンCが不足気味な方にはおすすめです。

本来青汁とは飲みにくい飲み物ですが、青汁三昧は飲みやすいと評判も良いのです。

一部ではありますが1箱にレモンの約20個分、ピーマン約75個分の栄養素が配合されていることや、葉酸に関してはブロッコリー約21個分が入っていると話題を集めています。

それぞれの野菜の栄養素がしっかり相乗効果的に作用するので体の中から健康な体作りが可能です。

普段から栄養が足りていない食生活を送っている方は青汁三昧で食生活の見直しをするチャンスかもしれません。

知っておくべき青汁三昧の良いところ

青汁三昧は累計販売が8億杯を突破する豊富な栄養素が詰まった青汁です。

青汁三昧1箱分には、豊富な鉄分、ビタミンC、葉酸、食物繊維が配合されているので健康にとても良いのです。

1包あたりの栄養価は鉄分、ビタミン、葉酸、食物繊維、カルシウムなど健康維持のために必要とされる栄養素を青汁三昧でしっかりとカバーすることができます。

また、青汁なのにとても飲みやすいと評価も高く、また価格もそこまで高価なものではないので毎日続けられるメリットがあります。

1種類の青野菜だけでも健康維持はできますが、青汁三昧の場合ゴーヤ、大麦若葉、ケールなど約3種類もの青野菜が配合されているのでより健康に良いとされています。

更に27種類の栄養素も含むので青汁三昧は他の青汁と比べてとても栄養価が高いと評判なのです。

そして不味い、飲みにくいという青汁にはつきものの特徴も無く、口当たりも良いし美味しいとの声が多いようです。

栄養抜群で味も美味しい青汁三昧はメリットが大きいと言えるでしょう。

では青汁三昧にはデメリットはあるのか?

基本的に青汁三昧は赤ちゃんからお年寄りまで摂取できる安全性が高い栄養補助食品ですがデメリットも存在します。

普段の食生活であまり摂ることのできない野菜やビタミン、ミネラル、食物繊維を青汁三昧で手軽に摂ることができますが、

個人差がありますがその人の体調や体質、持病によって飲めない場合もあります。

健康に良い青汁三昧ですが、やはり摂り過ぎには注意した方が良いでしょう。

だいたいの目安は1日に1~3杯程度の摂取が理想で、もしもその量を超えて摂取してしまうと、人によっては下痢、吐き気、発疹などの思わぬ症状を招く恐れもあります。

しかし1日に1~3杯という適切な量を守って飲む分には、食物繊維が過剰に摂り過ぎることもないので安心して活用できるでしょう。

ですが、体質的にお腹を下しやすい方、持病がある方などは量を調節したり、かかりつけのお医者さんに相談してから摂取すると良いと思います。

青汁三昧はネット購入がオトク?

青汁三昧を購入する際は毎月のお届けの定期コースに入ることで割引や特典を得られるメリットもあるかもしれません。

コース加入をすることで初回分の割引が大きかったり、2回目以降もお得な割引がきいたり、送料が無料になる場合もあります。

青汁三昧の場合は単品で購入するケースですと1箱6,000円と更に送料も600円かかってしまいますが、お得な定期コースの申込みの場合は1箱3000円となり送料も300円と半額で購入できるのでとてもお買い得だと思います。

このように単品での購入よりもコースに加入して購入した方がお得な部分が多いので、長期の購入を考えている方には、定期コースがおすすめと言えます。