青汁三昧にはケール以外にもゴーヤや大麦若葉など食物繊維がたっぷりの野菜が多く使用されています。

大麦若葉は特にケールより飲みやすい特徴があるのでより健康に良いとされています。

そんな健康に効果がある青汁三昧ですが、国産厳選野菜もたっぷり配合されていることをご存知ですか?

青汁三昧の厳選野菜がスゴイ?

青汁三昧の特徴は粉末タイプの青汁で、顆粒タイプのためそのまま飲んでも飲みやすいメリットがあります。

たまに他の粉末青汁は口の中で溶けきらなかったり、ジュースと割らないと飲めないような味のものもありますが、その点青汁三昧はそのままで飲むことができるのでおすすめです。

青汁三昧は主にケール、大葉若葉、ゴーヤを粉末状にして青汁として販売しています。

更にナイアンシン、バントテン酸Ca、ビタミンなどの原料なども入っているので日常では摂りきれないビタミンもたっぷり補えます。

青汁三昧の特徴の中には厳選された国産のものを使用というフレーズが目立ちます。

安全性や栄養価の高さ、美味しさは高い水準を持ち、国内産の野菜を使っているという点が高い評価を得ているのです。

やはり長く飲み続ける青汁という商品だからこそ、安心した素材を使っている青汁を飲んでいきたいですよね。

国内厳選野菜の特徴

実はブロッコリーなどに含まれるビタミンCはキャベツのおよそ3倍と言われています。

青汁三昧は特に自然な甘味が特徴的なので、青汁の飲みやすさにも人気があります。

その秘密は厳選された国産野菜の甘みも関係しているのかもしれません。

青汁三昧に入っているビタミンたっぷりのブロッコリーの産地は主に宮崎県、鹿児島県などで生産されています。

またモロヘイヤも配合されていますが、あのクレオパトラも食べたとされる野菜として知られており、カロテンやカルシウム、鉄分、カリウムなどが豊富に摂取できるのです。

とろみがあるので飲み心地もまろやかで口当たりが良いと評判ですが、産地は主に島根県となっています。

そして大麦若葉は大麦を若葉の時期に収穫し、食物繊維や葉緑素、鉄分が豊富に入っているためケールと肩を並べるほど今は青汁の代表素材と言えます。