日本人でも食生活が欧米化になったり、運動不足の人が増えたりしていることから血液中のコレステロールが高くなり中性脂肪が増えている人も多いでしょう。

健康診断などでコレステロールや中性脂肪が高いと診断された人は中年太りの一歩手前かもしれません。

そんな方には青汁三昧が効果を発揮してくれるかもしれませんよ。

中年太りとコレステロールの関係

コレステロールや中性脂肪が増えてしまうと、いずれ心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす可能性があり、最悪命の危険性もあります。

そんな中高年に多いコレステロールや中年太りに良いとされるのは実は青汁なのです。

青汁にはコレステロールや中性脂肪を低下させる作用があり、中年太りに多いコレステロール値や中性脂肪値を減少させてくれる可能性が高いのです。

中でも暴飲暴食、脂っこい食事、アルコールの過剰摂取、運動不足などの理由から血液中にはいらない脂肪がどんどん蓄積されます。

恐いことにこのようにコレステロールや中性脂肪が増えても実際には自分では全く気付かないのです。

ですが血管の内側に蓄積された脂肪は血流を妨げるので動脈硬化を引き起こす場合があるのです。

まずコレステロールや中性脂肪を低下させるためには、日々バランスの良い食事や運動などを取り入れ、生活改善をする必要があります。

特に野菜に含まれるビタミン、ミネラル、食物繊維などが豊富な青汁を飲むことでコレステロールや中性脂肪を低下させることが可能なのです。

青汁三昧を活用してコレステロールを下げよう

そんな中年太りに必須なアイテムが青汁ですが、野菜不足の方は特にコレステロールが増えてしまい腸で吸収してしまう傾向があるので青汁に入っている豊富なビタミンや食物繊維が余計なコレステロールを外に出してくれる役割があるのです。

また青汁には抗酸化成分があるので、血管を強化する働きがあり血液を綺麗にしてくれる作用もあります。

青汁でコレステロール値を下げる効果としては、悪玉コレステロールの数値なのですが、青汁を毎日飲むことで善玉コレステロール値を増やすことができるため悪玉コレステロール値を撃退できるのです。