現代では野菜嫌いのお子さんが増えています。

そのための野菜嫌いなお子さんの手助けとして、最近では青汁を飲んで栄養を摂取しているご家庭も増えているそうです。

ここではそんな子どもと青汁三昧の関係について調べてみました。

青汁三昧は子供が飲んでもOK?

青汁は本来健康食品のため、安全性も高く何歳からでも青汁を摂取しても問題はありません。

ですので、極端に言えば身体に害はないので赤ちゃんのうちから飲んでも大丈夫なのです。

青汁自体にはアルコール成分など大人でなければ飲めないような成分も入っていないので、小さいお子さんが飲むことも可能です。

しかし青汁にはビタミンやミネラルなどの栄養素がたくさん含まれていて、その栄養素によっては
多く摂り過ぎてしまうことで体内消化ができないまま体に溜まってしまうことで副作用が出てしまうことも稀にあるようです。

お子さんの場合は大人と違い体が小さいため、もしも青汁を摂取する場合はまずは半分から始めてみると良いでしょう。

例えば大人が1日2杯の場合、子どもは1日1杯、赤ちゃんの場合は3分の1にするなど、子供の体に害が出ないようにまずは飲み始めることをおすすめします。

赤ちゃんからでも飲める青汁三昧

青汁三昧は何歳から与えても良い飲み物なので、離乳食を食べているくらいの赤ちゃんでも摂取できます。

そして最近では健康を意識するお母さんたちは離乳食に青汁三昧を使用している人も増えているようです。

ただし青汁は少し栄養が豊富過ぎることもあるので、そのため胃腸の働きがまだ完全ではない赤ちゃんにとっては下痢をしてしまったり、逆に便秘になる場合があるのでしっかりと青汁三昧の量を調節して与える必要があります。

もしも赤ちゃんの食事に青汁三昧を使用する場合は少なめの量から始めて少しずつ増やしていくことが大事です。

例えば最初は離乳食のおかゆの上少し青汁パウダーを振り掛けて使用したり、スープ類に少しだけ混ぜてみたり、おやつのアイスクリームやヨーグルトの中に青汁三昧をミックスして与えるくらいが調度良いでしょう。