青汁三昧は青汁の中でもとても飲みやすい青汁という印象が強く青汁独特の青臭さも無いためリピーターも多いのです。

青汁三昧は水やぬるま湯で溶かしてそのまま飲めるほど飲みやすく、非常に長続きするとも言われています。

そんな美味しいと評判の青汁三昧を調べてみました。

青汁三昧が飲みやすい理由とは?

青汁は今や様々なメーカーから色んなタイプの青汁が出てきていますよね。

たくさん種類がたくさんあるので、まずはどんなタイプを選ぶべきか迷ってしまうほど。しかし今とても飲みやすいことで人気があるのは青汁三昧なのです。

その理由はその知名度もありますが、まずは主原料であるケール、大麦若葉、ゴーヤと3種類というバランスの摂れた野菜が豊富に使われていることです。

そして割と飲みにくいとされるケールが配合されていても甘みがあり飲みやすいと評判が良いのです。

青汁三昧は特に飲んだ瞬間にクセがなくて飲みやすいという口コミが多いようですね。

青汁はすべてがまずいというイメージが強い方も多い中、青汁三昧を飲んでこんなにおいしくて飲みやすいということに驚いている人も多いのだそうです。

あまり食事から栄養が摂れない人でも青汁三昧でしっかり必要な栄養補給ができるのでおすすめです。

青汁三昧のおすすめの飲み方

青汁三昧の口コミを見ていると、青汁なのに全く苦味がない、全体的に甘いという人が多いのだそうです。

変に甘ったるい感じではなく、その甘みもほんのりしているので男性でも飲みやすいでしょう。

配合される野菜のおかげなのか、甘みがあって苦味がなく、良い意味で青汁ではない口当たりが人気の秘密のようです。

また、水で割っただけでも飲めたり、嫌な後味が少ないので小さなお子さんでも飲めます。

他社の青汁と比較すると濃すぎないので味もちょうど良く、長続きできそうな味という点も話題のようです。

そしてメーカー公式のオススメの飲み方もあるようで、青汁三昧1~2包を100mlの水で割って飲むほか、お茶や牛乳、ヨーグルトと混ぜて飲む方法も良いみたいです。

特にヨーグルトにはちみつを加えたり、レモンやリンゴ酢を加えてみたり、中には焼酎やフルーツジュースで割って飲む人もいるようです。