青汁三昧には人が1日に摂取すべき栄養素が手軽に摂れることで人気を集めています。

青汁三昧を飲んでから便秘が解消されたり、肌荒れが完治したという報告もあります。

そんな健康に良い青汁三昧の栄養成分について調べてみました。

青汁の最大栄養素は大麦若葉?

青汁三昧の青汁原料である大麦若葉、ケール、明日葉には特にビタミンやミネラル成分がたっぷり入っているので栄養がギッシリ詰まっています。

その中でも特に大麦若葉には鉄分、ビタミンB2が入っており、ケールにはビタミンC、カルシウム、マグネシウム、葉酸が豊富に含まれています。

そして明日葉にはβカロテン、カリウム、食物繊維、ビタミンKなどの人の身体に必要な健康栄養成分が十分に入っているのです。

またほとんどの青汁の原料の半分以上を占めている野菜は大麦若葉なのです。

大麦若葉はイネ科の植物なので元々食物繊維が豊富で、ビタミンB2・E、ミネラル、クロロフィルなどのバランスが良く健康維持には欠かせません。

そして大麦若葉の特徴である口当たりの良さも青汁には欠かせないでしょう。

抹茶風味なことから、人によってはお茶感覚で飲める人もいるので、子供やお年寄りまで無理なく飲めるのです。

更にビタミン、ミネラル、食物繊維がたっぷり入っているので、新陳代謝を上げ、便秘がちな女性の美容や健康にもおすすめなのです。

青汁三昧の主な栄養効果

青汁野菜では定番のケール以外に青汁三昧にはゴーヤ、大麦若葉をたくさん使用しています。

大麦若葉はケールより飲みやすいとされており、栄養価もなんとケールより高いとされています。

青汁三昧に含まれる青野菜素材には、主に大麦若葉、ケール、ゴーヤなどがミックスしてあり、食物繊維や鉄分、ビタミンC、β-カロテンなどがたっぷり摂取できるようになっているのです。

そして青汁三昧の栄養成分の主な作用には、ビタミンやミネラルなどの野菜の栄養からは、便秘解消の効果や腸内環境を良くする効果などがあるため、お肌の改善にも役立ちます。